コンタクトレンズ関連情報

【コンタクトレンズとのお付き合い】

「初めてのコンタクトレンズは眼科へ」

  学校で行われる視力検査をはじめ、日常生活などで見え方に異常がある場合、近視や遠視、乱視など、屈折に異常があることが考えられます。しかし、視力検査での異常の原因は屈折だけに限りません。それ以外の原因で視力が低下していることもあります。そのため、視力検査で異常がある場合には、まず眼科専門医を受診して視力低下の原因を調べることが大切です。目に病気がなく、メガネやコンタクトレンズでの矯正で視力が良くなる場合には、眼科専門医の処方に基づいてメガネやコンタクトレンズを作ることができます。

  コンタクトレンズを作る場合には、まず角膜(黒目)のカーブの具合を確認します。このカーブは人によって違うだけでなく右目と左目で違うこともあるため、それぞれの目にあったコンタクトレンズを選ぶ必要があります。一過性の偽(いわゆる仮性)近視などの場合もあるため、正確な屈折の度数を調べる必要もあります。また、スポーツ時のみの使用など、それぞれの人によって使用目的が違うため、それぞれの生活状況に適したコンタクトレンズを選ぶことも大切です。

  このような検査やコンタクトレンズの選択は、眼科専門医でしか行うことが出来ません。初めてコンタクトレンズを作る場合には必ず眼科専門医を受診してください。眼科専門医でコンタクトレンズを作ると、コンタクトレンズの適切な使用方法の説明や装用指導もおこないますので、安心してコンタクトレンズを使用することができます。

「コンタクトレンズは、医療機器」

 コンタクトレンズは、直接眼球に触れて使用するため、高度管理医療機器に指定されています。コンタクトレンズは、高度管理医療機器のクラスⅢに分類されていて、不具合が生じれば人体へのリスクが比較的高いものに該当します。このことから、コンタクトレンズを作成するときには、それぞれの目にあったコンタクトレンズを、眼科専門医を受診して選ぶ必要があります。また、処方されたコンタクトレンズによる不具合が生じていないかどうかを確認するために、定期的な眼科受診も大切です。

  コンタクトレンズの使用によって、目の違和感や充血、痛み、視力低下などがあるならば、直ちにコンタクトレンズの使用は中止してください。そして早急に眼科専門医を受診して、適切な治療を受けましょう。このような状態のまま、眼科も受診せずに少しでも放置すると失明に至る危険性もあります。コンタクトレンズを使用する場合には、装用時間や使用方法をきちんと守ることが大切です。不適切な使い方によって重篤な角膜感染症をきたす可能性が高いため、十分に注意しましょう。コンタクトレンズのことで困ったら、すぐに眼科専門医を受診して相談してください。

コンタクトレンズ啓発動画について

本会では『コンタクトレンズ対策プロジェクトチーム』を立ち上げ、コンタクトレンズに関する啓発活動を行っております。

コンタクトレンズをこれから使用する、もしくは使用している小中高生を対象に啓発動画を作成いたしました。

日本眼科医会のコンタクトレンズ対策プロジェクトチームが制作した、動画やポスターをご覧ください。


【コンタクトレンズ啓発動画第2弾 コンタクトレンズはじめたの】 【QRコード付きポスター】
cl-1.jpg cl-2.jpg CLposter.jpg
第1話 第2話
cl-3.jpg cl-4.jpg
第3話 第4話 印刷用PDFダウンロード
A4版 A2版


【コンタクトレンズ啓発動画第1弾 放課後にモンスターたちがこんな○○は嫌だをやってみた】 【関連啓発ポスター・リーフレット (一社)日本コンタクトレンズ協会制作】
QR_215932.png CLleaflet.jpg CLposter.jpg
https://youtu.be/fO3YYZzvzDo 印刷用PDFダウンロード 印刷用PDFダウンロード


日本コンタクトレンズ協会作成の自主基準

日本コンタクトレンズ協会作成の自主基準2種を掲載します。

コンタクトレンズ眼障害アンケート

本アンケートは平成24年2月をもちまして終了いたしました。
長い間ご協力いただき感謝申し上げます。

コンタクトレンズ関連リンク

「日本の医療関係のホームページへのリンク」から